User Tools

Site Tools


languages:multi-language-essays:2019-01:01_guns_and_speed_limit

日本語:銃と速度制限の共通な事

銃と速度制限と鯨の共通な事は何でしょうか。

銃はアメリカで売っています。毎年、人が沢山銃で亡くなります。人が沢山銃を持っているので、警察が人を道で止める時に特に敏感です。人がちょっとだけ命令を従わない時に、警察がすぐ「銃を持っているだろう」と思うから、自分で銃を打ちます。他の国の人がその様子を見ても、理解出来ません。各国で銃が禁止されているので、国民が銃を持っていないので、皆さんが安全な感じで暮らしています。

ドイツ人はドイツの高速道路で出来るだけ速く運転出来ます。工事の所には速度制限があるけどそれ以外には制限がありません。今は速度制限の話がありました。速度制限があったら、交通事故で亡くなる人が減ると思われています。それから車の汚染が下がるので、空気が今より綺麗になりそうです。でも、ドイツの交通を担当している大臣が反対です。具体的な事実の事が言えないが、「非現実的な話」だけと言っています。多分、その大臣がドイツの車メーカが怖がっています。他の国には速度制限があります。速度制限はそこの国民に当たり前な事です。ドイツ人の高度に全然理解出来ません。

日本の「鯨を釣っても良い」という法律もその様な事だと思います。

各国には他の国の人が理解出来無い法律があるみたいですね。不思議です。他の例をご存知ですか。

languages/multi-language-essays/2019-01/01_guns_and_speed_limit.txt · Last modified: 2022/08/03 13:16 by 127.0.0.1