User Tools

Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2014-01:06_on_war_mankind_and_soccer

日本語:戦い、人間、そしてサッカーについて

僕はドイツ人だけどサッカーが嫌いです。 サッカーと聞くと、同じ事をいつも思い浮かべます。僕は車がないので、ドイツの電車をよく利用しています。サッカーの試合の時にはいつも、サッカーファンたちがとても騒いで、他の人々に迷惑をかけます。 僕の会社の同僚はオランダから来ています。同僚は何年間もここに住んでいます。彼は昨日、サッカーの試合を見るために友達の家に行きました。本当は彼はオランダのチームのシャツを着たかったそうです。でも地下鉄に乗る時、ドイツファンに会ったら怖いと思ったそうです。なので、結局彼はオランダのシャツを着ませんでした。そんな状況は良くないでしょう。

僕はそんな体験はドイツにおいてだけだと気付きました。そんな事が何度も起きました。ヨーロッパの他の国の人々は、ドイツ人よりも自分の気持ちを大きく表現するけれど、スポーツに対してそんな嫌な行動をしません。

どうしてでしょう。 色々な考えがあるでしょう。ドイツ人は「ドイツの何か褒める」ことを社会で禁じられているように感じます。マスコミもそのような風潮を助長しています。でもスポーツの分野について褒めることは構わないのです。だから、スポーツのことに関しては皆んな大騒ぎします。 ドイツの政府も、そのような傾向は好ましいと考えてると思います。いつもサッカーの試合の時に、ろくな議論もなく酷い法律を作ります。だから、人々がスポーツに熱狂するのは政府に都合が良いのですね。

languages/multi-language-essays/2014-01/06_on_war_mankind_and_soccer.txt · Last modified: 2021/03/23 12:22 (external edit)