User Tools

Site Tools


languages:multi-language-essays:2014-02:11_muehlhausen_nachtwanderung

日本語:ミュレルハウゼンの夜の観光

僕は先週ミュレルハウゼンという東ドイツの町に滞在しました。 土曜日の晩、母が友達と私を観光の活動に招待されました。 私達はその為に七時に「Postkeller」という伝統的なレストランの前で会いました。 レストランに入ってから、皆は晩御飯を食べました。観光のガイドさんも来て自己紹介くれました。運が良かったから、ガイドは隣の席に座りました。 ガイドさんは町の歴史と物語について沢山勉強していまたはずです。 一番面白い話は昔のキルメスという一年に一回行われた祭についてです。当時、町の外に大きい壁がありました。キルメスの時、「ヘッセンの人々」という町の西の地方に住んでいる人がミュレルハウゼンに近づいて来ました。町のの中に入りたかった時、男の人は皆は酔っぱらっていました、キルメスで。女の人達は考えて、壁の上にストックと鎧を人間の形のように立てました。ヘッセンの人達はそれを見て、逃げてしまいました。 「日本語が出来るガイドが全然いない」と言われました。でも日本の観光客もあまり来ないんです。

私達はスープを飲んで、美味しい料理を食べました。皆は「Geleitbrief」という書類を受けました。その古いスタイルの書類があると、皆、町を通ることができます。

その後、夜の観光が始まりました。ガイドさんは説明しながら、歩きました。 過去に有名な人がミュレルハウゼンにいました。作曲家のバッハと「Thomas Müntzer」はそこにいました。で、ガイドさんはMüntzerのような服装を着てくれました。 町は夜も綺麗です。全部で13ある教会をすべては見なかったけど色々な建物を観光しました。特に町の区役所の建物は古くて素晴らしいです。 最後に「Frauentor」という女の門を見ました。そこでヘッセンの人が町に来たから、その名前にしました。昔昔、他の壁もあったから「Äusseres Frauentor」(外の女の門)もあります。 皆はガイドさんを御礼をして、帰りました。

都合がいいと、是非ミュレルハウゼンに行って見て下さいね。 写真:https://fluxcoil.net/files/20141004_nachtwanderung_mhl/

languages/multi-language-essays/2014-02/11_muehlhausen_nachtwanderung.txt · Last modified: 2022/08/03 13:16 by 127.0.0.1