User Tools

Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2014-02:13_the_aibo_robot_lives

日本語:「アイボ」ロボットは生きている

僕は今日面白い記事を読みました。

その記事によると、アイボという犬みたいなロボットを作っていた会社は作るのも直すのも辞めます。将来は、アイボのファンたちがそれをするのだろうと思います。

僕にとって、本当に面白いのは、日本語の言葉の特徴です。英語とドイツ語では、物と生き物が存在すると表現する時は、同じ動詞を使っています。 “The car and the horse are over there.” “Das Auto und das Pferd sind dort drüben.” ここでは英語の「are」とドイツ語の「sind」は車と馬に関して使っています。 日本語では、「車があります」と「馬がいます」と使います。面白い違いでしょう。

僕はそれを日本語を習い始めた後で聞きました。時々間違うけど大抵考えずに使っています。

先週末に友達と一緒にミュンヘンのPinakothekという展覧会に行きました。色々なギリシャの神様を見て、「神様はいる」と理解できました。 ヨーロッパ人には、そういう表現の問題がありません。人間の姿をした神の絵があります。キリスト教を信じている人々は「神様は現在も存在している」と思っていますが、生きているかどうかについて考えていません。

でもその記事を読んでから、また考えました。記事によると、「アイボがいます」。面白いでしよう。

English: The robot "Aibo" lives

Today I read an interesting article.

According to the article, “AIBO”, the dog shaped robot, will no longer be produced or repaired by its original manufacturer. From now on, fans will do this, I guess.

For me, the really interesting thing here, is a speciality of the Japanese language. When using English or German, for expressing existence of living and nonliving things, the same verb is used. “The car and the horse are over there.” “Das Auto und das Pferd sind dort drüben.” So here the English “are” and German “sind” express the cars and horses existence. In Japanese, one uses different verbs. Isn't that interesting?

When I started to learn Japanese, I got aware of this fact. From time to time I make mistakes in usage, but normally just use these verbs without further thinking.

Last weekend I was with a frien in Munichs “Pinakothek”, an exhibition. Several Greek gods can be seen, I was reminded that for Japanese, Gods existence is expressed with “いる”. Europeans are not thinking about such expressions. There are pictures showing gods in human shape. Believers in Christian religion believe that “god exists”, but for this “exist” they do not think of it in a way where one would need to distinguish between “living” or “not living”.

When I was reading the article, I thought about this again. According to the article, also AIBO “is”, using the verb of living things. I find that interesting.

data

languages/multi-language-essays/2014-02/13_the_aibo_robot_lives.txt · Last modified: 2021/03/23 12:22 (external edit)