User Tools

Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2015-01:03_german_and_japanese_differences

日本語:日本語とドイツ語の面白い違いを見つけました

言いたい事をうまく伝えられるかどうか分かりませんが、試してみます。^^

この間、lang8で面白いドイツ語の文章を読みました:http://lang-8.com/585293/journals/2490581078692774813983469833764690572/

これは日本語の物語をドイツ語に翻訳したものです。話によると、ある鼠の家族が暮していました。メンバーはその家には両親と娘さんが住んでいました。お父さんはお日さまに頼みました:「あなたは一番強い方です。私の娘と結婚して下さい。」 興味があったら、是非話の続きを読んでみて下さい。

紹介した文は少ないですが、ドイツ語に訳するのは難しいです。 日本語には、「を、が」などがあります。ドイツ語には、同じように冠詞があります:「der, die, das」。全部の名詞の為に、一つの正しいアルティケルがあります。例えば「der Fisch (その魚), das Auto (その車), die Vase (その花瓶)」。

皆は自然に使っています。でも「der」は(男性詞と呼ばれ、)男性的な意味をもつことがあります。また、「die」は女性詞とよばれます。でも、これらの性別には特に深い意味はないです。例えば、魚と男は関係がないですね。

さて、上の文章をドイツ語に訳してみましょう。 お父さんはお日さまに頼みました:「私の娘と結婚して下さい。」 Der Vater sagte zur Sonne: “Bitte heirate meine Tochter”. でも,ドイツ語で「お日さま」には女性の定冠詞が要ります。だからその文は意味を考えると少し微妙な感じに思えます。二人の女性はあまり結婚しないですね。

言語の制限で、直接の訳がないと思います。面白いでしょう。

languages/multi-language-essays/2015-01/03_german_and_japanese_differences.txt · Last modified: 2021/03/23 12:22 (external edit)