User Tools

Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2015-01:06_senior_and_youngster

日本語:老人と若者

若者は老人ホームに着いた。 老人はまた他の部屋に引っ越した。

やっと部屋に着いた。 いいな。 祖父は起きている。起きているというのは、寝ない状態だ。一年間半も自分の足でに立てたないようになちゃってしまった。 祖父は嬉しそうだ。「ここに来てくれて、良かった!」って。 自分の顔を思い出してくれたから、嬉しい。祖父が話せない日もある。

「奥さんはいつ来るの」小声で尋ねている。 態と簡単の言葉を使いながら、「今日は来ないよ。ちょっと足の問題があるため、また明日!」って。 「ああ、そうっか。」

祖父を見と、子供の頃を思い出す。旧東ドイツには、政府はほとんどの企業を持っていた。それでも祖父は一人の企業を持っていた。何十年もトラックを運転していた。若者の子供の頃、祖父は若者をよくトラックで連れていってくれた。若者はいつも本当に楽しかった。

祖父はまた「奥さんはいつ来るの」って。若者はまた説明してあげる。

若者はいつか87才になると、健康はどうなるかな。祖父が大好き。現在の状態で見と、喉が痛くなるようにする。皆は世界的にその感じを知っているかな。科学的にその感じの背景を知らないけど。

「そうか、来ないな。」って。分かってから、嬉しい。

もし、生活は短いかな。速く色々な事をする方がいいかな。

今日は日本語でしか書かない。色々な話題について書くのは日本語で難しいしドイツ語で無理かも。反対様子の話題もある。

languages/multi-language-essays/2015-01/06_senior_and_youngster.txt · Last modified: 2021/03/23 12:22 (external edit)