User Tools

Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2015-01:07_german_train_strike

日本語:ドイツの電車の運転手のストライキ

僕は火曜日にミュンヘンから電車で実家に帰ってきました。

火曜日の午後からドイツの貨物列車の運転手が操業を止めました。水曜日の2時から客車の運転手もストライキをしました。その時点から、全体の電車の30パーセントしか運転されませんでした。

それに関して、色々な考えがわいてきます。ストライキの理由は何ですか。20年前にドイツの列車の会社は民営化されました。その頃から、ドイツの電車の様子が段々悪くなったと思います。僕は良く電車に乗るけれど昔の一番便利な列車はもう走っていません。社員の賃金はあまり上がりませんでした。 お金を稼ぐ事は会社にとって一番大切になったから、電車の平均遅延時間が増加しました。

運転手は色々な団体のメンバーになりました。給料を下げる為に、そしてストライキを禁止にする為に電車会社が政府と一緒に七月から法律を改正します。そのため、運転手の為に戦う団体が今こそストライキをしなければいけないと決めました。

ストライキが始まってから、マスコミが電車会社に関して好きなように情報を流しました。住民は大変電車を頼りにしています。 それでも住民の意見が運転手を支援すると思います。

今日はストライキが終わりました。

日本では民営化の後で、電車はぴったりと走るようになりましたね。面白い事です。それから日本ではストライキをする事はありえないですね。

僕は来週の木曜日にフランクフルトに行くつもりです。そこの空港から一週間ぐらい東京へ旅行をします。

ストライキがありませんようにね。

languages/multi-language-essays/2015-01/07_german_train_strike.txt · Last modified: 2021/03/23 12:22 (external edit)