User Tools

Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2015-02:13_experiences_with_teachers

日本語:観光客って

子供の頃、先生のことで、面白い出来事が二つあります。

その頃、いつもの先生が留守だったので、他の先生が教室に来ました。その先生は事を伝えてから、「その伝えた事は嘘だよ」と指摘されました。僕は「人々も、信じている先生も嘘を言う」明らかに気付いた事がなかったです。とても価値な授業でした。

ドイツでは毎年カルネバルという季節があります。その時、特に西ドイツの人が色々な活動に参加しています。例えば愉快な話が多く伝えられています。強い皮肉を使って、今の政治の問題についての話が多いです。 私達はその季節に授業をしていました。ある先生はいつも優しくてちょっと太っている人でした。いつもシャツとベストを着ていました。その日には、太陽の光の予防の為のシールドを付けてある帽子を被って、授業を始めました。 授業が始まった後で、先生はその帽子を取って、シールドを後ろに向けたままで被っていました。それからベストを脱いで、反対にして、また着ていました。その印象は愉快くて全然先生的ではありませんでした。 先生はそうしたら:「今はカルネバルですよ」といいました。「その時、自分の事は真面目にしてなくても良いですよ」と教えてくれました。「変わった姿で、自由に色々な話題について話しましょう」 僕は以前「こうゆうやり方は有り得ない」と思っていました。それも感動的な授業でした。

追加:二番話の先生は父母も教えてくれました。

languages/multi-language-essays/2015-02/13_experiences_with_teachers.txt · Last modified: 2021/03/23 12:22 (external edit)