User Tools

Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2015-02:15_the_fear

日本語:恐怖

僕が小さかった頃、家族四人でよく車を使いました。ツラバンツ501という車でした。 両親は車の前方に座っていて、姉さんと僕は後ろの座席にいました。近くのライネフェルデという町まで、30分ぐらいかかりました。途中に急な丘があった為、車の左側が右側よりもいつも下がっていました。峡谷もあったので、僕達はいつも怖がっていて、急いで座席の右側に移動しました。

僕の記憶では、これが初めて怖がった経験でした。

人々はいつでも怖がっていますね。例えば今の難民を怖がっています。難民が入ってくると、もとから住んでいる国民のためのお金が足りなくなる恐れがあります。難民が来てから、自分の宗教を他人に説得するの恐れもあります。でも不安の出来事に関して、チャンスもあるでしょう。ドイツ国民の人口は、年々少しずつ減っています。

僕は日本に住むの事に関しても恐れがあります。例えば、政府関連の手続きを沢山すませなければなりません。祖父母もその事が好きではないんです。日本の仕事ができない可能性もあります。新しいアパートを探すのも、ミュンヘンのアパートの処理も複雑です。でも全然違う生活を味わうことができるチャンスでしょう。

僕は海外に行く為に、母は祖父母を世話をします。父はミュンヘンのアパートの家具を実家に持ってくれます。会社がその職場のチャンスをくれます。

昔の、このような大きな変化は大抵上手くなりましたな。ミュンヘンに引っ越す事、新しい会社で働く事などです。

languages/multi-language-essays/2015-02/15_the_fear.txt · Last modified: 2021/03/23 12:22 (external edit)