User Tools

Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2015-02:17_obligations

義理の事

僕は2012年に北海度に住んでいる家族の家でホームステイをしました。その時からそこにクリスマスカードを送ります。年賀状を送るのは日本の習慣ですけど僕はドイツ人だからその代わりにクリスマスカードにしまちた。その北海度に住んでいる家族は毎年年賀状を送ってくれます。

ここの読書に関係があるけれど興味深い話題があるからしょうがないです。^^

僕は今年日本の姫路市に旅行をしました。良い人達に会ってから、そこにもクリスマスカードを送る結論をしました。実は、もっと沢山友達にカードを送りたかったけど住所を知らないので、送りませんでした。

日本は遠いので、今頃送らなければなりません。今はカードを送って、受け人が期待がない限りでは驚くと思います。

僕は日本旅行の後に、全部の旅行書類を家族に見せるために、実家に持って行きました。そのため、今はその一人の住所しか知りません。だから本人にメールを送って、住所に頼みました。もちろん、メールの理由も書きました。本人は住所を教えてくれました。でも理由を習った上で、個人的にもクリスマスカードを送ってくれました。僕は、住所を頼んだ事上で、クリスマスカードを受ける期待が全然ありませんでした。でもそのメールで、相手のそのような義理をあげたかな。

例えば、僕は他の人を食事に驕るすると、なにも期待しないんです。一緒に時間を過すと、嬉しいです。相手もそう思ったら、最高だったのに。でも他の人が僕に驕ると、ちょっと不安と義理の気持が表わします。

もちろん、ドイツ人も何か受けた限りでは、義理の気持が表わします。皆は他の人と通信とやり取りのが好きです。でもいつも受けると、「いつその義務を還す事が出来るかな」の考えはちょっと大変でしょう。ドイツ人には、その気持がかなり強いです。でも日本人には、もっと強いかもしれません。

どう思いますか。そのような考えがいつでもありますでしょう。

languages/multi-language-essays/2015-02/17_obligations.txt · Last modified: 2021/03/23 12:22 (external edit)