User Tools

Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2016-01:02_learning_to_know_someone_in_5min

日本語:5分間、人の人生が分る

今日、僕は実家でパソコンを使って仕事をしました。明日はミュンヘンに帰ります。5時に終わって、老人ホームに、祖父に別れ言う事に行きました。

祖父の部屋に着いてから、挨拶しました。顔を覚えてくれて、良かったです。僕と会ったことがない介護者が祖父の伴食を持って来ました。彼は挨拶してから「あなたは晩御飯をあげますか」と聞きました。僕はそれをやった事が無いため、「いえ、しません。あなたはプロでしょう。何年間もその分野の教育を受けたでしょう」。

彼は祖父にプディングを上げる始めるながら、僕と話しました。「嫌。初心者ですよ。今はここの仕事を三週間だけやります。昔はコックの仕事をして、ドイツを回って、いつも忙しかったです。家族の時間があまり残りませんでした。友達が何回もここの仕事について伝えました。今はここて働くと、良い事です。悪い時もあるしお金が昔より少ないけど良くなりました。」

僕はビックリしました。あんなに直接な話を期待しませんでした。確かに、老人ホームで、誰も時間の価値さが分かりますね。僕は「じゃあ、今は家族には時間が沢山あるでしょう。」と言いました。

「家族の事はもう終わり。そのコックの時間で割れました。」 「そうですか。確かに、今は社会にとても価値にある仕事をやってくれます。医師もその様な仕事です。銀行の人は反対、かもしれません。」 「それはそうだけど。」 彼はご飯を上げ終わったので、挨拶してから廊下に消えました。 少ない間に、事が沢山分かりました。

languages/multi-language-essays/2016-01/02_learning_to_know_someone_in_5min.txt · Last modified: 2021/03/23 12:22 (external edit)