User Tools

Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2017-01:07_watching_ghost_in_the_shell_2017

日本語:2017年の攻殻機動隊

攻殻機動隊を見た事がない人は、読めないで下さい。僕は話の内容について書きます。

僕は攻殻機動隊という漫画を読んだ事がありません。1998年ごろ、ドイツに住んでいた時に、何百人と一緒に大きなホールで開催したイベントに参加しました。皆はコンピューターを持ってそこに行きました。コンピューターを接続してから、ゲームをしました。僕はそのイベントで初めて攻殻機動隊というアニメの映画を見ました。この歌も初めて聞きました: https://www.youtube.com/watch?v=EIVgSuuUTwQ

攻殻機動隊の内容は僕にとって本当に面白いです。「機械が人間のようになれるかどうか」という質問は一番大切です。主人公は人間の脳が入っている女の体のアンドロイドです。アンドロイドは人間と同じ見えます。「普通の人間はそのような機械を人間のように認識しているかどうか」は他の映画の話題です。

例えば、主人公のアンドロイドは海に潜ってから、船に戻りました。それから服を着替えます。男の人の同僚も船にいます。アンドロイドは船に戻って来てから、その二人は話中です。話しているので、同僚の顔がすっとアンドロイドの方向に向かっています。アンドロイドは服を着替えようとした時に、同僚の顔が違う方向に動いています。その行動はすごく人間らしいでしょう。アンドロイドを人間のように意識しているそうです。

あおれからアニメの音楽も素晴らしいです。かなり静かなシーンも沢山あります。その音楽は特別な未来的なスタイルでよくあうと思っています。

この間、攻殻機動隊という映画もでて来ました。それを見たところ、あまり好きではないです。その映画の話題は「主人公はアンドロイドになる事に強制された」になりました。アニメの様々のシーンが入っています。でも違う感じになりました。

普段は、皆は本の後の映画を注目します。今回のアニメの後の映画は悪くなったと思います。

languages/multi-language-essays/2017-01/07_watching_ghost_in_the_shell_2017.txt · Last modified: 2021/03/23 12:22 (external edit)