User Tools

Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2017-01:13_pupils_hair_coloring

日本語:生徒の髪の毛

可笑しい題名ですよね、説明致します。

友達が次の事について教えてくれました。髪の毛を染める事を禁止する学校が多いです。理由が二つと思います。一番目は、染める事は自然ではない事です。二番目は、統一の事です。日本の社会には、目立つ事があまり良くないと思います。日本人類の生徒達にはほとんど黒い髪の毛があります。ある生徒が他の色を染めたら、その生徒が目立ちます。それを防ぐために、染める事は禁止されています。

ある学校はあるい程度茶色い髪の毛の生徒に「黒に染めて」と命令しました。僕は沢山考えても、理由が分かりませんでした。僕には、その生徒に自分の好きなようにする権利はとても大切です。それから黒い髪の毛の生徒に染める事を禁止する事、でもその生徒に「染めて」と言うのはとんでもない事です。

他の友達と話したところ、学校の意図がちょっと分かったと思います。茶色い髪の毛の生徒は目立っているので、他の生徒がいじめる可能性が高くなります。その意図だったら、対していじめる生徒に誓った方がいいと思います。

僕達はヨーロッパについても考えました。ヨーロッパのいじめられた生徒もいます。それから目立つと、いじめられる可能性が高くなると思います。でも髪の毛など見かけによるのいじめる事は日本より珍しいでしょう。ヨーロッパの生徒は沢山髪の毛の色があります。

その茶色い髪の毛の生徒に「髪の毛の色でいりめられるかもしれない」と言うって下さい。でも染めるか、染めないか、自分で決めさせた方が良いと思います。

languages/multi-language-essays/2017-01/13_pupils_hair_coloring.txt · Last modified: 2021/03/23 12:22 (external edit)