User Tools

Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2017-01:16_accepting_other_cultures

日本語:しょうがなくて違う文化に接する事

僕は自分の意志で日本に引越しをしました。それに伴って、ある程度の文化や儀式も受け入れないといけません。日本の生活ですっとその文化にはいっています。

僕のドイツに住んでいる家族の皆さんはその引越しを認識て、色々な事で手伝ってくれます。でも家族の皆さんはその日本の文化と全然関係がありません。

お祖父さんが亡くなって、その様子がちょっと変わりました。僕のお祖父さんでしたので、僕の会社が3日休みをくれました。それから2万円もくれました。僕はそれを聞いた時に「何それ。お祖父さんが亡くなって、それはお金の関係が無いだろう。僕はそのお金をもらったら、気持ちが超悪い」と思いました。でも同僚の説明によると、そのお金で会社がお葬式の一部を払ってくれます。僕はその説明でその日本文化の一部を受け入れる事ができます。

ただ、お祖母さんと母はもっとも近い親戚です。その二人には僕より近い親戚が亡くなりました。ちょうとその時に僕は勝手に「ドイツの会社は全然しません。それでも、僕の会社のお葬式のお金を受け入れてください」と言いました。人が亡くなって、会社がお金を出す事はドイツにはもってのほかです。お祖母さんと母が受け入れる事を決めてくれました。

僕は日本に帰た時に、会社にドイツの儀式を説明します。お祖母さんは新聞で小さな記事を書きます。そこでお祖父さんの死を発表します。それからもらったお金の感謝を書きます。僕はその記事の写真を撮るつもりです。それから会社にあげるつもりです。それは日本の会社には意外な事だと思うけどドイツ人の会社員がいるので、ドイツの文化も受け入れないといけませんでしょう。

languages/multi-language-essays/2017-01/16_accepting_other_cultures.txt · Last modified: 2021/03/23 12:22 (external edit)