User Tools

Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2018-01:02_anger_in_japan

日本語:金曜日の出来事

あるフランス人の同僚のニックネームは「ダック」です。彼は自分でそのネームを選びました。ダックさんは金曜日以外に家で仕事をしています。金曜日に普段は来社して、それからチームと一緒に昼御飯を食べます。ダックさんは出張中なので、今週は会社に来ませんでした。

でもアメリカ人の同僚が時間があったので僕達は4人で食事に行きました。いつものように恵比寿駅の近くのレストランを選んだ後で、入りました。僕達は今回は美味しい魚の丼を食べました。ちょっとご飯を丼に残した後で、ウェートレスがお茶を加えて、茶漬を作ってくれました。本当に美味しかったです。そのアメリカ人の同僚は日本語があまり出来無いため、僕達はおもに英語を話しました。僕は彼と話す時に、言いたい事の英文が分からない時があります。

会社に戻ろうとした時に、面白い出来事がありました。僕達は5メートル広い道を通りました。その道には車が少ないけど昼の時に、会社員がよく通ります。

突然、後ろから人の悲鳴がしました。僕達は話中だったけどすぐ振り向きました。大人二人は反対方向に歩きながら、お互いにちょっと触れたと思います。 一番目の男はビジネスマンだったと思います。50、60才だったかもしれません。長くて黒いジャケットを着ていました。二番目の人は40才だったと思います。革のジャケットを着ていました。彼も普通の社員だと思います。

僕達は振り向いた時に、その二人は黒い手帳などを落としたそうです。お互いに怒った目で、「何をするんだい。ばかれろ」などを怒鳴りました。それから喧嘩をしました。3秒後で、その二人は喧嘩中でビルの壁に移動して、戦いました。

見ていた人々は何もしませんでした。毎日、何回も人が撲つかると思います。普段は、その二人はすぐ謝るので、問題がありません。撲つかった二人の一人だけ誤ったら、それも大抵問題がないと思います。ただ、その時に、喧嘩をしたい人が喧嘩をしたら、他の人が手伝った方がいいと思います。

今回はその二人は喧嘩をしたそうでした。他人が何かやって、自分ね人生もかけるでしょう。そんな事を初めて経験しました。

languages/multi-language-essays/2018-01/02_anger_in_japan.txt · Last modified: 2021/03/23 12:22 (external edit)