User Tools

Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2018-01:10_folding_paper_cranes

日本語:折り紙で鶴を作る事

僕はある映画を見ながら、折り紙で鶴を作る事について習いました。

その映画で、ある母親が鶴を沢山作りました。紐で結んで、壁にかけました。息子さんが戦争などから帰って欲しいという希望がありました。ドイツにも、人がお願いがある時に教会などで祈ります。ただ、祈る事はちょっとだけ時間がかかります。鶴を作る事が手間がかかります。

例えば、沢山鶴を作って、入院している人のお見舞いに行って、その鶴を渡すと、入院している人が「その人は本当に私は元気になって欲しい」と思うでしょう。その「お願いが強いからこそ、すごく手間がかかる事をする事」があまり無いと思います。

僕は同僚と話しながら、同じような他に事について勉強になりました。お願いがあったら、人が神社に行って、祈っています。大変大きいお願いがあったら、100回も祈って、神社のとおりに戻って、神社に戻って、また祈る事も出来ます。

または、兵士が「元気で戦争から帰る」という希望がありました。その時に、小さなタオルには、千回も針をさす事です。

このような他の例文がありますか。 それから、機械で鶴を沢山作って、病人にあげると、効果がありますか。

languages/multi-language-essays/2018-01/10_folding_paper_cranes.txt · Last modified: 2021/03/23 12:22 (external edit)