User Tools

Site Tools


languages:multi-language-essays:2019-01:11_stepping_by_foot_loudly

日本語:足を強く踏む同僚

2008年に、僕は初めて日本で仕事をしました。あの時に、僕には全部の様子が不支持でしたので、僕はその事を気づきませんでした。

でも、ドイツのミュンヘンの事務所には、中国出身が居ました。平凡なドイツ同僚は普通な様に事務室で歩きます。でも、その同僚が特に強く足を踏みました。

僕はその後で何回も日本へ行って、会社で仕事をしました。その時にも、足を強く踏む同僚が居るという事を気づきました。

細かい事ですが、僕には興味深いです。今の事務所にも、10人の一人が足を強く踏みます。

普段は、日本人が回りの人に迷惑をかけたくないので、うるさくない様に歩きます。もちろん、ドイツにも、日本にも、意外な癖の人が居ます。ただ、足を踏む人が日本にしか居ないと思います。どんなに考えても、その癖の意味が分かりません。そんな人は「足を踏むと、同僚は私が居るという事を気付くので『沢山仕事をするでしょう』」と思うかもしれません。つまり、「仕事をすると拘わらず、出来るだけ会社に居ると、評判が上る」と思う日本人が多いと思います。そだとしたら、「出来るだけ沢山同僚に質問を聞きたい」と思う人も居るでしょう。でも、それはあきらかに迷惑ですので、そうする人が居ないと思います。

時々、他の同僚の座席に行く、それからそこの同僚と話す必要があります。その時に、だれでも聞こえる様に歩いたら、その人に驚かせる恐れがありませんね。もしかして、それは癖の意味ですか。

他のよくある癖もあります。パソコンの前に座った後で、コーヒーを作る為に立てる同僚が居ます。立っている一瞬、足を強く踏む人が居ます。その後で、普通のように歩けるが、立てる時に足を踏みます。

皆さん、海外に無い、日本人の職員の癖を気付いた事がありますか。

languages/multi-language-essays/2019-01/11_stepping_by_foot_loudly.txt · Last modified: 2022/08/03 13:16 by 127.0.0.1