Site Tools


Sidebar

languages:multi-language-essays:2020-01:07_delays_at_german_and_japanese_trains

日本語: 日本とドイツ鉄道の遅れの比較

ドイツの鉄道はよく遅れます。いつもそうでした。イギリス鉄道などはもっと遅れると言われているし、スイス鉄道はあまる遅れていません。日本の鉄道も遅れが少ないですね。

その原因はおく考えたが、まだ分かっていません。

ドイツ鉄道は1994年に私鉄になりましたが、その後もドイツ国は所有者でした。ドイツの電車はその前も、後でも、よく遅れます。イギリス鉄道が私鉄になってから、様子は悪化したそうです。ニュージーランドの鉄道は私鉄になって、様子が本当に大変になったから、後でまた国が所有している鉄道になりました。日本鉄道は私鉄になって、電車があまり遅れない事になったと言われています。

いったい、なぜ日本の遅れがよくなったか、ずっと知りたかったです。同僚は「本当に私鉄になって、よくなったかどうか、ちょっと疑問」とのことでした。

イギリス、ドイツ、日本は資本主義ですね。資本主義では「国が担当している団体が効率が悪いし、サービスが悪い」と言われています。民間会社はお客様の要望に気をつけるので、サービスがよくなります。それは民間会社の話です。実は、ほとんどのケースで、様子が大変になりました。

ドイツ鉄道は私鉄になってから、人が沢山くびになりました。以前の線路は少なくなりました。温暖化で、今はドイツ国がお金をおれますが、最初からその線路を維持より、今はもっと沢山かかります。

日本鉄道が私鉄になって、遅刻が削減したと思いますか。

languages/multi-language-essays/2020-01/07_delays_at_german_and_japanese_trains.txt · Last modified: 2022/11/13 12:06 by 127.0.0.1